スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ ん~イマイチかな…@セブパシフィック航空専用マニラ空港第3ターミナル

今回はセブパシフィック航空のハブ空港であるマニラ空港をレポートしていきます!

マニラ空港には、主に外国の航空会社が利用する第1ターミナル、フィリピン航空が利用する第2ターミナル、そして、セブパシフィック航空が利用する第3ターミナル、国内線ターミナルがあります。

今回の旅行ではセブパシフィック航空を利用したので、第3ターミナルのレポートになります。

チェックインカウンターはこんな感じ。

けっこう人でごったがえしています!

P2110280

空港自体は、天井も高く、開放感のある感じでした。

P2110278

しかし!難点はショップが少ないこと。

フードコートも席が足りていません…。

だから、フードコート前のベンチはこんな感じで、人が溢れんばかり…。

P2110281

かと言って、セキュリティーチェックを終えた後のエリアでは、ほとんどショップはなく、退屈してしまいます…。

唯一といって良かったのが、コチラのマッサージ屋さん。

でも、店員さんが1人しかいなかったので、2人で行っても「1人しかできない。」と言われてしまいました…。

当然、僕はおあずけです…。

まあ、男ってこんなもんなんでしょうね…(笑)

P2110282

全体的な印象としては、ちょっとイマイチだったマニラ空港。

特にセブパシフィック航空を利用される方々は、空港で時間を過ごそうと考えるのは甘いかもしれません。

ショップも少なく、席も少ない…。

しかも!セキュリティーゲートをくぐると、ほとんど何もない!!

そんな状態に輪をかけるようにして、ラウンジも1つもないんです!

★ 世界中の空港ラウンジが使えるプライオリティパス で紹介したプライオリティーパスが使えるラウンジなんて、もちろんないですし、セブパシフィック航空のラウンジもありません!

今回は時間の都合で、第1ターミナル、第2ターミナルには、行きませんでしたが、次回以降、他の航空会社を利用して、マニラに行く時にはレポートしていきたいと思います!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





"マニラ旅行記"の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

"セブパシフィック航空”の記事一覧



theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : マニラ旅行記 海外の空港 セブパシフィック航空

★ 記事のもくじ
☆必見情報☆
  ★おトク情報
  ★格安旅行案
  ★特典航空券
  ★クレジットカード
  ★ローコストキャリア
  ★英会話

☆レポート☆
  ★観光レポート
  ★食事レポート
  ★搭乗レポート
  ★空港ラウンジ 

☆航空会社☆
  ★JAL
  ★シンガポール航空
  ★ベトナム航空
  ★セブパシフィック航空
  ★キャセイパシフィック航空
  ★カンボジア航空

☆ホテル☆
 カンボジア
  ★アンコールパレス
 フィリピン
  ★ハイアットマニラ
 マカオ
  ★ベネチアンマカオ
  ★ベストウェスティンタイパ

☆空港☆
 日本
  ★関西空港
 香港
  ★香港空港
 カンボジア
  ★シェムリアップ空港
 ベトナム
  ★ハノイ空港
  ★ホーチミン空港
 フィリピン
  ★マニラ空港
 シンガポール
  ★チャンギ空港

☆都市別☆
 カンボジア
  ★シェムリアップ
 フィリピン
  ★マニラ
 香港
  ★香港
 マカオ
  ★マカオ
★ 平日は毎日更新!
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
★ 全記事表示

全タイトルを表示
★ 月別記事
★ ブログ内検索
★ 自己紹介

TOSH

Author:TOSH
ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
管理人のTOSH(トッシュ)です
このブログでは管理人の旅行記、自ら実践したお得情報を中心に、海外旅行に関する様々な情報を発信していきます

★ お問い合わせ先
お問い合わせ&ご要望などはお気軽にメールでどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

★ ランキング
ご協力お願いします!

人気ブログランキングへ


★ 最新記事
★ オススメGold Card
★ 楽天トラベル
★ アンケート
★ HIS
★ オプショナルツアー
★ 海外旅行前に英会話
★ 旅行にマストなグッツ
★ 海外航空券!
★ マイルを貯めるなら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。