スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ ローコストキャリアを利用した格安旅行案① @セブパシフィック航空

過去数回にわたってご紹介してきた格安航空会社 セブパシフィック航空ですが、今回は具体的な旅行案のご紹介です。

以前★ ローコストキャリア利用時の注意点②でもお伝えしましたが、格安航空会社は欠航や遅延の可能性があるので、そのあたりを頭に入れて、旅程を考える必要があります。

特に帰りの便が欠航となり、日本帰国日が場合、仕事をしていらっしゃる方は、仕事に間に合わないといった緊急事態になりかねません。

しかし、セブパシフィック航空の関空-マニラ間のような1日1便で、しかも結構人気がある路線の場合はそんなに気にしなくても大丈夫でしょう。

いつも満席近くになっている路線は、欠航になりにくいからです。

つまり、セブパシフィック航空を利用して旅行を考える場合には、マニラ以遠の旅程を気にすればいいという事になります。

例えば、関空-マニラ-セブ島と飛ぶ場合は、マニラーセブ島の旅程に注意が必要です。

マニラーセブ島は、毎日かなりの便数が飛んでいます。

しかし、セブ島にできるだけ長く滞在したいからといって、乗り継ぎ時間をギリギリに設定してしまうと、遅延や欠航があった場合に、マニラからの関空行きに乗れないなんてコトになりかねません。

僕なら、わざと半日~1日くらい早めにマニラに到着するような旅程を組んで、マニラ観光もしてから関西へ出発という旅程を組みます。

セブパシフィック航空の場合、関空-マニラ-セブ島とチケットを購入する場合でも、関空-マニラとマニラーセブ島を分けて購入しなければいけません。

これは購入時にはめんどくさいですが、分けて購入しなければいけないというコトは、逆に言うとストップオーバーのために、余計な出費をしなくて済むというわけです。

このような旅程を組めば、年末年始のメチャクチャ旅行代金が高い時期に、セブ島&マニラ2都市周遊の航空券が家族4人で10万円をきるような価格でGETできちゃいます!

もちろん、年末年始はフィリピンのベストシーズンに近いこともあり、チケットは争奪戦ですが、チャレンジしてみる価値は十分にあると思いますよ!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

“おトク情報”の記事一覧

"セブパシフィック航空”の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧
スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : おトク情報 セブパシフィック航空 ローコストエアライン

★ ローコストキャリア利用時の注意点②

前回に引き続き、今回もローコストキャリアを利用するにあたっての注意点をお伝えしていきます!

(前回お伝えした点は ★ローコストキャリア利用時の注意点① をご覧ください)

3:ローコストキャリアは欠航になるコトがある

コレは結構重大な注意点かもしれません。

特に限られた休みの日を有意義に使おうと、めいっぱいの日程を組んで旅行に行かれるサラリーマンの方は、よく考えておかなければいけません。

以前にレポートしたようなセブパシフィック航空の関空→マニラなどの人気があって、しかも1日1便というような路線は、あまり欠航するコトなく、通常運行してくれます。

しかし、短めの路線で、しかも1日に何本も飛んでいるような路線の場合、航空会社側の都合で一方的に便そのものが欠航になってしまう事があるのです!

例えば、朝の便を予約して、チケットまで購入していたのに、その便は欠航になってしまい、夕方の便に勝手に振り替えられるというコトもあるようです…。

もっとヒドイ場合は振り替えがないなんてコトも…。

4:遅延が多い

少し前までは、ローコストキャリアの場合、遅延が多いと言われていたのですが、最近ではそれもかなり改善されてきました。

そうは言っても、やはり遅延が多いのは事実です。

もっとも、日本のJAL、ANAの両社は、世界の航空会社でも定時到着率1位と2位ですので、日本の航空会社と比べれば、どこの航空会社も遅延しやすいと言えるかもしれませんが…。

いずれにしろ、ローコストキャリアを利用する場合は、ギリギリのタイムスケジュールではなく、余裕を持ってスケジュールを組んでおくコトをオススメします。

せっかくの旅行の旅先で、「えー!?」とならないためにも、事前にローコストキャリアを利用する際の注意点をよく理解する必要がありそうですね!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

“おトク情報”の記事一覧


"ローコストエアライン"の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : おトク情報 ローコストエアライン

★ ローコストキャリア利用時の注意点①

今回はローコストキャリアを利用する上での注意点をお伝えしていきます。

以前に コチラ でローコストキャリアを利用するメリットである値段が安いというコトをお伝えしましたが、安いだけに、注意しなければいけない面もあるんです。

1:機内食、ブランケットなどの各種サービスが有料 パーソナルモニターなどの機内サービスはなし

価格が安いために、できる限りの経費削減をしているのがローコストキャリアの特徴です。

そのため、機内で「楽しむ」といった要素の設備にはあまり、力を入れていません。

(もちろん、 コチラ で紹介したような工夫をして、搭乗客に楽しんでもらおうと頑張っているローコストキャリアもたくさんありますが…)

そのため、長時間のフライトを機内でも楽しみたい!

機内食は旅行での楽しみの1つ!

と考えている人にとっては少し物足りないかもしれません。

逆に短い時間のフライトだから、機内エンターテイメントなんていらない!

機内食を楽しむくらいなら、安く移動して、現地でおいしいモノを食べたい!

と考えている人にはピッタリだと思います。


2:預け入れ荷物の制限

通常、航空会社に預ける荷物は20kg前後に設定している航空会社が多いようです。

しかし、ローコストキャリアでは、そもそも預けるためには別料金がかかったり、無料で預かってくれる範囲がすごく狭かったりするコトがよくあります。

いつもすごい荷物で旅行をするという方や、現地で膨大な量のお土産を買うから、帰りの荷物はすごいコトになる!というような方は、荷物を預けるために追加料金を払うコトになってしまい、ローコストキャリアを使っているのに、結局、普通のエアラインを使うよりも高くなってしまった…。

というコトもあるようです。

逆にリュックサック1つで旅をしているというバックパッカーの方にはピッタリかもしれません。

料金が安いからと、飛びついてしまいがちなローコストキャリアですが、こういった特徴をよく理解してから利用しないと、「えー!?何それ??」と言った結果になりかねません。

次回は、今回の2点よりもさらに気をつけるべき、ローコストキャリアを利用する際の注意点をお伝えしていきます!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

“おトク情報”の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : おトク情報 ローコストエアライン

★ ローコストキャリアの紹介① @セブパシフィック航空

さて、3回に渡って搭乗レポート、機内食レポート、面白いサービスと紹介してきたセブパシフィック航空の概要について、今回はご紹介していきましょう!

セブパシフィック航空はフィリピン航空に次いでフィリピンで2番目の規模を誇る航空会社で、マニラ、セブ島などをハブ(本拠地)にしています。

フィリピン国内では、マニラやセブ島はもちろん、クラークなど30以上もの空港に就航しているので、フィリピン国内の移動は非常に便利です。

また、アジアを中心に海外にも翼を広げており、

ソウル
釜山
台北
上海
広州
香港
マカオ
ジャカルタ
シンガポール
バンコク
クアラルンプール
コタキナバル
ホーチミン

などに就航しています。

また、日本では関西空港に就航しているので、関空から、マニラを経由して、前述のフィリピン国内はもちろん、アジアの様々な都市へ飛ぶコトができます!

チケットの購入はWEBを通じて行うのが一般的であり、WEBサイトは日本語にも対応し、クレジットカード決済も可能なので、誰でも簡単にチケットを購入するコトができます。

(日本語サイトは少し日本語訳がおかしいトコもありますが、チケット購入にあたって、大きく混乱するようなコトはないでしょう。)

また、セブパシフィック航空では、預け入れ荷物がない場合、さらに運賃が割引される制度や、預け入れ荷物が制限オーバーする場合、前もって料金を支払うことで割引になる制度など、様々な制度があります。

なお、事前座席指定にも追加料金がかかるので、注意が必要です。

ローコストキャリアであるため、多少、不便な点もあるのは確かですが、関西→マニラが片道1万円~という価格はやはり魅力的だと思います。

関西ベースの方だけじゃなく、関西への国内線の料金を考えてもお得になるケースが多いので、料金重視でアジア旅行したい!という方にはマストな航空会社の1つと言えるでしょう。

セブパシフィック航空の日本語サイトはコチラ

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




“おトク情報”の記事一覧

"セブパシフィック航空”の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : おトク情報 ローコストエアライン セブパシフィック航空

★ へー!そんなサービスしてくれるんだ! @セブパシフィック航空

今回は2010年2月のマニラ旅行の際に関空→マニラ間を搭乗したセブパシフィック航空の機内であったおもしろいサービスの紹介です!

ローコストキャリアでの面白いサービスと言えば、アメリカのサウスウエスト航空が有名ですね!

僕はまだ利用したコトがないので、詳しくはわからないのですが、機内でキャビンアテンダントさんが搭乗客に対して、様々なパフォーマンスをされるそうです。

今回利用したセブパシフィック航空でも、同じようなキャビンアテンダントさんによるパフォーマンスがありました。

水平飛行になって間もなく、キャビンアテンドさんがマイクを持って通路に立ち、英語で話し始めます。

どうやら、キャビンアテンドさんがマイクで言ったテーマのモノを上に挙げて、キャビンアテンダントさんに見せるゲームのようです。

1番早かった人には景品がもらえますよ!というと、早速第1問が始まりました!

このゲームが始まると、ざわついていた機内は静かになり、皆がキャビンアテンダントさんの言葉に耳を傾けている様子でした。

第1問目のお題は「本」

これはすごく簡単。

皆が一斉に手元にあった本や雑誌を上に挙げて、キャビンアテンダントさんにアピールします!

僕には皆が一斉に挙げたように見えたのですが、どうやら1番に挙げたのは、前の方に座るフィリピン人男性のようです。

キャビンアテンダントさんが彼に景品の筆箱を渡していました。

ちなみにその筆箱にはセブパシフィック航空のマスコットが印刷されて、何ともカワイイ感じ。

イカツイイメージのその男性にはちょっと不釣合いなくらいでした(笑)

そのまま第2問、第3問と続き、機内は大盛り上がり!

ほとんどの乗客がゲームを楽しんでいました!

しかし、僕らの横に座っておられた日本人カップルは、英語が理解できない様子で、参加したいけど、わからないし…。といった感じ。

その光景を見ながら、やっぱり海外旅行をする時には、ある程度英語力があった方がいいな。と改めて感じました!

セブパシフィック航空に搭乗予定の皆さん!

ぜひ、ゲームに参加して、筆箱をゲットしてください!!

今回は、お見せできる写真が1枚もありません…

僕自身も、ゲームに参加していたので、写真を撮るのをすっかり忘れてしまったので…笑

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ






"セブパシフィック航空”の記事一覧

"マニラ旅行記"の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

“搭乗レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : 搭乗レポート ローコストエアライン セブパシフィック航空 マニラ旅行記

★ 関空→マニラ機内食レポート @セブパシフィック航空

今回は2010年2月のマニラ旅行の際に利用したセブパシフィック航空 関空→マニラ間のフライトでの機内食のレポートです!

前回お伝えした機内情報誌「スマイル」にこんな1ページがあります。

P2110290

「FUN SHOP」と名付けられたこちらのページは機内販売のページ。

そのほとんどが機内食です。

セブパシフィック航空のようなローコストキャリアでは、機内食は別料金のところがほとんどで、事前に注文しておかなければいけないものから、当日、機内で購入できるものまで、その形態は様々です。

セブパシフィック航空の場合は普通、機内食で使われるようなホットミールはなく、カップラーメン、菓子パン、各種ドリンクなどがこのFUN SHOPに載っていて、キャビンアテンダントさんにお願いして購入する形態でした。

僕らが購入したのはコチラ。

P2070010

見てのとおりパンです。

パンは色々と機内誌に載っていたのですが、実物を見ると、どれがどれだかわからなく、何となく見た目で選びました!

料金は1つ100ペソ。日本円で約200円くらいだったと思います。

肝心の味ですが、茶色の三角形のパンは普通のミートパイ。

美味しくもなく、不味くもなくといったところ。

もう1つの白い方は、中にスティックチーズが入っていました。

そして、外のこの白い物体の正体は砂糖なんです!

砂糖がたくさんついたパンの中にはスティックチーズという、日本ではありえない組み合わせは、何とも不思議な味がしました!

そして、一緒に注文したドリンクがコチラ。

P2070013

確かほっとチョコレートとホワイトショコラだった記憶があります。

味はというと…

ただただ甘い。

インスタントの粉をお湯に溶かしただけという感じ。

日本で言えば、安い粉末ココアに似た感じです。

値段は50ペソ。100円くらいだったと思います。

全体的な感想としては、お腹を膨らませるだけの目的ならいいのでしょうが、旅行で機内食が楽しみの1つという人にとっては、物足りないんじゃないでしょうか…。

僕らは比較的前の方の席だったので、わけもわからず購入しましたが、僕らの後に購入していた人達を見ていると、カップヌードルを注文している人がかなりいました。

どうやら正解はパンではなく、カップラーメンのようです。

セブパシフィック航空の機内で、有料の機内食にチャレンジしようと考えている方は、ぜひカップラーメンに挑戦してみてください!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




"セブパシフィック航空”の記事一覧

"マニラ旅行記"の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

“搭乗レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : セブパシフィック航空 ローコストエアライン マニラ旅行記 搭乗レポート

★ 関空→マニラ搭乗レポート @セブパシフィック航空

さて、今回からは具体的にローコストキャリアの1つであるセブパシフィック航空の搭乗レポートをしていきます!

2010年2月にマニラに行った際に利用した関空→マニラのレポートです!

ローコストキャリアと聞くと、機齢が凄く高いイメージをされる方が多いと思うのですが、今回搭乗したのはコチラ。

P2110283

どうですか?

いたって普通でしょ??

中もこんな感じ。

P2110285

この写真を見ているだけでは、ローコストキャリアだと判別できないレベルだと思います。

しかも!コレ!レザーシートです!!

P2110287

おお!セブパシフィック航空やるじゃん!!

そう思って座ってみると…

そこはやはりローコストキャリア。

P2110288

ちょっとボロボロになっていました…。

まあ、このくらいは愛嬌というコトで許してあげなきゃいけないんですかねー。

だって片道1万円ですから!

当然、パーソナルモニターやアメニティー類はありません!

片道1万円ですから、贅沢は禁物です(笑)

ちなみに今回のフライトで僕が1番「お~!」と思ったのがコチラ。

P2110289

そうです!

立派な機内情報誌です!

名前はスマイルと、何のひねりもなく、おもしろくありませんが、中身は充実していましたよ!

そして、他の航空会社との大きな違いは、この機内誌の内面に機内食の案内が載っているコトです!

次回は、その機内食が載っているページ、そして、機内食のレポートをしていきます!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




"セブパシフィック航空”の記事一覧

"マニラ旅行記"の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

“搭乗レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : 搭乗レポート ローコストエアライン セブパシフィック航空 マニラ旅行記

★ ローコストキャリアって何??

今回からは2010年2月に行ってきたマニラの旅行をレポートします!

今回は、フィリピンのローコストキャリアであるセブパシフィック航空を利用しました。

第1回目の今回はそもそもローコストキャリアとは何なのか?について、簡単にご紹介していきます!

ローコストキャリアとは日本語に直訳すると、格安航空会社のことで、英語の頭文字をとってLCCなどと呼ばれることもあります。

また、アジアエリアのローコストキャリアはバジェットエアラインなどと呼ばれるコトもあり、実際にシンガポールのチャンギ空港には、ローコストキャリア専用のバジェットターミナルというターミナルも存在しています。

ローコストキャリアを利用する最大のメリットはその価格です。

普通の航空会社とは違い、ローコストキャリアでは、パーソナルモニターはもちろん、ブランケットなどのアメニティー類、機内食などを最小限にするなど、様々な経費削減の努力をするコトで、通常では考えられないような低価格で航空チケットを販売しているのです!

例えば、僕が今回利用したセブパシフィック航空は日本では関空に就航していて、関空→マニラが片道1万円前後でチケットを購入するコトができます!

キャンペーンなどを利用すれば、もっともっと安い価格になるコトも!!

また、マニラからフィリピン国内への路線も充実していて、数千円からチケットを販売しています!

つまり、関空→マニラ→セブ島を家族4人で往復したとしても、10万円くらいです!

やはりこの安さがローコストキャリアの最大の魅力だと思います!

では、実際にそんなに安くて、本当に大丈夫なの?というと…

価格が安いローコストキャリアと言えば、心配なのはその安全性。

飛行機って、すごく古いんじゃないの?

整備は大丈夫??

などなど、その安全性は誰もが気になるところ。

確かに、機齢は高い場合もあるようですが、今は安全性はそんなに問題ではないように感じています。

例えば、数年前にはインドネシアで航空機事故が多発するというコトもありました。

しかしその結果、ローコストキャリアだけでなく、インドネシアのフラッグキャリアであるガルーダインドネシア航空を含め、全てのインドネシア航空会社がEU域内乗り入れ禁止になってしまいました。

この事件は、どんな航空会社であっても、安全面を怠ると、結果としては航空会社として、損をするコトになるという何よりの証明だったと思います。

現在では、ローコストキャリアもかなり多数存在するため、その競争も熾烈になっていて、安全面に問題があるような航空会社は生き残れない状態だと思うのです。

ですから、ローコストキャリア=危険と考え利用しないのではなく、ローコストキャリアの特性をしっかりと理解し、どの航空会社を利用するか?を見極めた上で、上手く利用するコトができれば、今まで以上におトクな旅行を楽しめるはずなのです!

まずは次回以降でローコストキャリアの1つであり、日本にも上陸しているセブパシフィック航空のレポートをしていきますのでお楽しみに!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




"セブパシフィック航空”の記事一覧

"ローコストエアライン"の記事一覧

“おトク情報”の記事一覧


theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : セブパシフィック航空 ローコストエアライン おトク情報

★ 記事のもくじ
☆必見情報☆
  ★おトク情報
  ★格安旅行案
  ★特典航空券
  ★クレジットカード
  ★ローコストキャリア
  ★英会話

☆レポート☆
  ★観光レポート
  ★食事レポート
  ★搭乗レポート
  ★空港ラウンジ 

☆航空会社☆
  ★JAL
  ★シンガポール航空
  ★ベトナム航空
  ★セブパシフィック航空
  ★キャセイパシフィック航空
  ★カンボジア航空

☆ホテル☆
 カンボジア
  ★アンコールパレス
 フィリピン
  ★ハイアットマニラ
 マカオ
  ★ベネチアンマカオ
  ★ベストウェスティンタイパ

☆空港☆
 日本
  ★関西空港
 香港
  ★香港空港
 カンボジア
  ★シェムリアップ空港
 ベトナム
  ★ハノイ空港
  ★ホーチミン空港
 フィリピン
  ★マニラ空港
 シンガポール
  ★チャンギ空港

☆都市別☆
 カンボジア
  ★シェムリアップ
 フィリピン
  ★マニラ
 香港
  ★香港
 マカオ
  ★マカオ
★ 平日は毎日更新!
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
★ 全記事表示

全タイトルを表示
★ 月別記事
★ ブログ内検索
★ 自己紹介

TOSH

Author:TOSH
ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
管理人のTOSH(トッシュ)です
このブログでは管理人の旅行記、自ら実践したお得情報を中心に、海外旅行に関する様々な情報を発信していきます

★ お問い合わせ先
お問い合わせ&ご要望などはお気軽にメールでどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

★ ランキング
ご協力お願いします!

人気ブログランキングへ


★ 最新記事
★ オススメGold Card
★ 楽天トラベル
★ アンケート
★ HIS
★ オプショナルツアー
★ 海外旅行前に英会話
★ 旅行にマストなグッツ
★ 海外航空券!
★ マイルを貯めるなら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。