スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ へー!ガソリンってそうやって売ってるんだ! @アンコール遺跡

2010年正月のカンボジア旅行。

今回はほとんど全ての移動をトゥクトゥクで行いました。

中でも丸1日、アンコール遺跡を観光した日は、かなりの走行距離になっていたのでしょう。

途中で運転手さんがガソリンがないから、寄ってもいい?

と聞いてきました。

もちろん!と答えましたが、アンコール遺跡の中にはガソリンスタンドなどありません…。

どうするのかな?と思っていると、路上のドリンクやお土産が売っているお店へ行こうとしています!

その目の前に止まると、現地の言葉で何か叫びました。

それと同時に小さな男の子が、小瓶を持ってこちらに走ってきます。

男の子は運転手さんからお金を受け取るとバイクに小瓶を突き刺し、どんどんとガソリンを入れていきました!

P1020124

おお!それはガソリンだったのか!

飲み終わったドリンクの小瓶にガソリンを入れて保管しておくとは!

日本では考えられませんが、ガソリンスタンドが少ないシェムリアップでは、結構普通の光景のようです。

インフラの発展など関係なく、どこでも知恵があれば、便利な暮らしもできるし、インフラが未整備だからこそできるビジネスもあるんだなー。

と実感させられた出来事でした!



今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ トゥクトゥクの上手な使い方 @シェムリアップ

2010年正月のカンボジア旅行では、トンレサップ湖のツアーと、空港⇔ホテルの移動を除いて、すべてトゥクトゥクを利用しました。

トゥクトゥクとは、ホンダのカブのようなバイクの後ろに荷台をつけ、観光客が乗れるように改造したバイクタクシーです。

P1030173

こんな感じのトゥクトゥクは見かけによらず、結構乗り心地もいい感じです!

P1020098

注意するべき点は2つ。

まず1つ目は言葉です。

当然、日本語は通じませんので、英語で話すコトになるんですが、この英語もあまり通じない運転手さんが結構いるんです!

そんな運転手さんと交渉をしようとしても当然無理ですから、まずは英語がしっかりしゃべれる運転手さんを探さなければいけません。

そして2つ目は料金です。

当然、メーターなどはないですから、全ての料金が交渉になります。

日本人だとわかるとボッタクリをしてくる悪質な運転手さんもいるようなので、これは注意が必要です。

地球の歩き方などには、数字が書かれたゼッケンを付けている運転手さんは、政府公認の運転手さんなので、ボッタクリの可能性が低いようなコトが書かれていますが、実際には、ゼッケンを付けている運転手さんはごく少数です。

公認の運転手さんが少ないのではなく、ゼッケンを持っている人でも、暑いからなのか、ゼッケンを付けずに営業をしているからです。

僕らがお願いしていた運転手さんも最初はゼッケンをつけていなかったのですが、夕方になって少し冷えてくるとゼッケンを付けてました。

ですから、ゼッケンを付けていないから非公認だと考えるのではなく、運転手さんに確認した方がいいかもしれませんね。

また、料金が交渉で決まるため、1日貸切にしてしまった方が安く済む場合もあるようです。

朝からトゥクトゥクで観光する場合は、ホテルのスタッフの方にある程度の目安を聞いておいて、1日貸切にするのか?1回ずつ料金を支払うのか?を決めた方がおトクだと思います。

なお、アンコール遺跡に観光に行かれる場合は、貸切にされるコトをオススメします。

アンコール遺跡からの帰り道は、なかなかトゥクトゥクが拾いにくいですから。

次回はトゥクトゥクに乗っていて、おお!と思った面白い事件のレポートです!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ これはヒドすぎる! @ハノイ空港

今回は前回に引き続き、2010年正月のカンボジア旅行の経由地だったハノイ空港をレポートします!

前回レポートしたように、ハノイ空港のトイレは悲惨な状態だったのですが、実はトイレだけじゃなく、設備そのものがかなり悲惨な状態でした。

まずは写真を1枚。

P1050408

この写真のように、ハノイ空港の出発エリアはかなり混み合っている状態でした!

おお!すごい人だな!人気の空港なのかな?と思ってよくよく見てみると、全然そうじゃないみたいなんです。

例えばこの写真。

P1050418

搭乗ゲート前の混雑の写真なんですが、こんなにすごい人だかりになっているのは、座るところがないからなんです!

設置されているイスがあまりにも少ないために、搭乗ゲートが開くのを待っている人達が座りきれずにあふれている感じです。

設置されているイスが少ないって、豪華なイスにしていて、少ないの?と思いきや…

P1050413

この始末。

鉄板1枚です。

このイスに長時間は座れません…

僕らも座るトコがなく、どうしようかな~と思っていると、目の前には止まったエレベーターが。

P1050415

写真ではわかりにくいと思いますが、コイツ、止まってるんです。

空港のエレベーターがメンテナンスでもないのに止まってる…。

そんな姿を見たコトがない僕には、かなりの衝撃でした!

止まってるエレベーターの横の階段を上って上の階に行ってみると、そこにはさらにビックリな光景が広がっていました!

P1050410

わかりますかねぇ?

電気が消えてるんです。

ひろーい、くらーいスペースがあるだけで、何にもありません!

この真下には、多くの搭乗客が座るトコがなくて困っているのにです!!

本当に信じられませんが、この階は廃墟と言われてもおかしくないくらいのレベルでした。

シンガポールのチャンギ空港、ソウルのインチャン空港など、アジア中の空港がその設備や利便性を競っている、この時代にこれかよ!

そう思わずにはいられませんでした。

ハノイ空港をトランジットで利用される皆さん。

ハノイ空港から出発される皆さん。

どうかご注意ください。

出発エリア内にいなければいけない時間が最短になるような工夫をなさってください!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 海外の空港

★ こんなのってアリ??信じられません!! @ハノイ空港

前回のシェムリアップ空港のトイレとは正反対のトイレを今回はレポートします。

2010年正月のカンボジア旅行の復路はシェムリアップ→ハノイ→関空の道のりでした。

その経由地、ハノイ空港で悲劇は起こったのです。

もともとハノイ空港はそんなに大きな空港ではなく、また栄えているような空港でもありません。

詳細は後日レポートしますが、メンテナンスがされていないイメージを受けました。

そんなハノイ空港で搭乗前に男性用トイレまで行くと、人だかりができていました。

なんだ?なんだ??と思って前まで言ってみると…

P1050417

なんと!男性用トイレの前にこんな張り紙がされ、ドアがビクともしないように固定されているのです!

当然、中には入れません!!

えー!使えないの!?

しかも、1つだけとかじゃなくて、男性用トイレ全部??

自分の目を疑ってしまうような光景でした。

どこか壊れているなら、せめてそこだけを使用禁止にして、それ以外の所は使えるようにしたらいいんじゃない?

使えなくてすいません!って思ってるなら、こんな紙切れに乱暴な字で、こんな風に書くかな~?

しかも!現地の言葉だけで!!

空港内には他にも男性用トイレがあるはずだから、ここから一番近いトイレまでの行き方くらい案内したらいいのに…。

そんな事を考えてしまうのは、僕だけではないようで、周りでは、多くの男性が同じような事を話しています…。

僕は、数時間前には、前回レポートしたいい意味で衝撃的だったシェムリアップ空港のトイレを見た後だったので、なおさらショックでした!

経済発展の度合いでは、カンボジアよりもベトナムの方が、数段格上なのでしょう。

しかし、そこで働いている人たちの思い、そして、国として、空港としての観光客への思いは数段カンボジアの方が上だと感じさせられた出来事でした。


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 海外の空港

★ えー!そこまでやるの??かなりびっくり!! @シェムリアップ空港

約2ヶ月に渡ってレポートしてきた2010年正月のシェムリアップ旅行もいよいよ終わりです。

(もちろんアンコール遺跡も観光したのですが、アンコール遺跡のレポートなどは、僕が書くまでもなく、ガイドブック、ネット上にたくさんの記載がありますので、省略しますね。)

今回は、帰りの便に乗るために、シェムリアップ空港で起こった本当にビックリした出来事をお伝えしようと思います。

皆さんは、カンボジア空港ってどんなイメージですか?

僕は、正直、そんなに期待していなかったんですよ…。

だって、行きの時もタラップを降りて、歩いて空港建物まで行ったし、空港は1F建ての小さな建物だし…。

でも、小さいから、田舎の空港だから、って思ってたら大間違い!!

そう感じたのはトイレに行った時です。

トイレにこんな写真が貼ってあったんです!

P1040388

わかりにくいかもしれないんですが、コレ、このトイレを掃除してくれている方の写真みたいなんです。

日本でもよく「このトイレは○○が掃除しました。」的なプラカードは見かけますが、写真入りのところは少ないので、これだけでもビックリです。

しかも!写真の下の方をよく見てみると…。

なんと!この方が所属している会社の電話番号はもちろん、この方の携帯電話の番号まで書いてあります!!

コレって、汚かったらいつでも電話してください!ってコトでしょうか??

些細な事なのかもしれませんが、コレってすごいコトだと思いませんか?

大げさかもしれませんが、コレにカンボジアのおもてなしの心、まだまだ未開発だけど、頑張ってるんです!という気持ち、そして、先進国には負けないぞ!という意気込みなど、色々と感じさせられました…。

同時に考えてしまったのが、僕ら日本はどうなんでしょう?というコトです。

もちろん!日本の空港のトイレも快適で清潔に保たれています。

しかし、成田や関空のトイレを利用した外国人観光客が、今回の僕のように、何かを感じてくれるのでしょうか?

そんなコトを思いながら、トイレを後にしました。

次回は、この感動的なシェムリアップのトイレとは対称的な、おいおいっ!って言いたくなったハノイ空港のトイレをレポートします!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 海外の空港

★ ハッピーフィッシュってなに?? @バーストリート

今回はバーストリートで発見したハッピーフィッシュなる魚のレポートです!

以前真夏のカンボジアで鍋!?@スープドラゴンで紹介したスープドラゴンでのアツアツ鍋を食べ終わり、バーストリートを歩いていると、こんな看板を発見しました!

場所はスープドラゴンのすぐ向かいです。

P1020123

ハッピーフィッシュ??

しかも、あなたをハッピーにできなかったら、お金は頂きません??

何とも怪しい…。

客引きのお兄さんもグイグイ引っ張ってきます!

そこまで言うなら3ドルだし、挑戦してみるか!

そう決意し、中に入ると、そこには大きな水槽が!

その水槽の中にはウジャウジャ小さい魚がたくさんいます!

メダカより少し大きいくらいの魚でしょうか。

僕らの目の前には欧米人の先客が、すでに水槽に足を入れています!

彼女はケラケラ笑いながら、「おもしろいよ!」と言ってきます!

おー!それなら僕も早速、足を入れてみると…。

P1020120

ぐあー!とんでもない量の魚が寄ってきます!!

いたかゆい感じがずーっと続きます!!

店員さんは「ドリンクでもどう?」とすすめてきますが、とてもそれどころではありません…。

3分程すると、ようやく慣れてきて、何とか耐えられるようになりました。

ふと、周りを見渡すと、僕の足にばかり魚が寄ってきているようです…。

目の前にいた欧米人女性はこの通り。

P1020121

僕の足が汚いのか?

そう思い、店員さんに聞くと、水槽に足を入れた瞬間は角質がたくさんついているので、どんな人でも魚が寄ってくるのだとか…。

ふー。良かった。

僕が汚いわけじゃないんですね!

皆さんもハッピーフィッシュ、ぜひチャレンジしてみて下さい!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ こんなものまであるの?水上集落って!? @トンレサップ湖ツアー

今回はシェムリアップ湖のツアーで乗ったボートから見れたおもしろい風景をレポートしていきます!

ボート乗り場から5分も行くと、すぐにこんな感じの水上住宅がたくさん見えてきます。

P1040352

これは現地の方々の家だそうで、彼らは雨季、乾季に合わせ、その水量の変化に対応するために、住んでいる水上住宅を移動させるそうです。

つまり、同じ湖の上ですが、場所は年に2回も変わるということ。

ずーっと同じ場所で暮らす僕ら日本人には、なかなかわからない感覚ですね。

しばらくすると、こんな標識が見えてきました。

P1040367

ガイドさんに聞くと、「一方通行」の標識だとか。

僕らの車のように、水上でもちゃんと交通ルールを設定しておかないと事故が起こるらしく、ココは一方通行にしているんだとか…。

こんなに高い位置に標識があるのは、雨季になると水量が増えて、水かさが増すから、この高さじゃないと見えなくなるそうです。

つまり、雨季にはこの木は湖の中に浸かってしまうというわけです。

雨季と乾季でそんなにも水量が違うのか!とビックリしました!

さらに進むと、人が集まっている建物が…。

P1040369

ガイドさんに聞くと、ここは学校だそうです。

ちょうど学校が終わり、下校時間に重なったため、子供を迎えに来ている親がたくさん学校につめかけていたようでした。

確かに、別の角度から同じ建物を見てみると、教室のようなものがあり、中では子供たちが授業を受けている様子。

P1040368

この学校で体育の授業はどうするのか?が気になり、ガイドさんに聞いてみましたが、彼もわからないとの返答。

うーん。気になります。

ご存じの方は教えて下さい。

しばらく進むと、小さな子供たちが、大きなタルに乗って、遊んでいました!

P1040361

ガイドさんの話では、小さい子供は写真のように、ボートではなく、個人個人のタルを持っていて、それに乗って移動しているそうです。

当然、中には沈んでしまう事もあるようですが、そんな時には周りの大人が助けるんだとか。

重大な事故にならなりませんように。そう思いながらも僕らの船は進みます。

P1040353

そして、途中立ち寄ったお土産屋さんの入口はこんな感じ。

民家と商店が一緒になっているという感じで、外からではあまりお土産屋さんだとわかりません。

P1040359

しかし!1歩中に入れば、この通り!

見事なまでのお土産屋さんです!

でも、売っているものは、シェムリアップ市内とあまり変わりませんでした…。

1時間弱、ボートに乗りながら、様々な風景を見せてくれるトンレサップ湖のツアー。

シェムリアップに行かれた時には、ぜひ、足を延ばしてみて下さい!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ これは海か!?でかすぎる!! @トンレサップ湖ツアー

今回は以前★カンボジアで1番美味しかったエビ@トンレサップ湖でもお伝えしたトンレサップ湖ツアーのレポートです!

皆さんもトンレサップ湖にツアーで行こうとご計画されているのなら、ぜひオプショナルツアーで行くのではなく、ガイドさんと車を貸しきって行く事をおススメします!

料金は1人あたり1000円くらい高くなりますが、自分が希望する時間に合わせてくれて、しかも!ツアーで使う船が貸切になります!

P1040345

シェムリアップのホテル街から車で約30分。あまり舗装されていないデコボコ道を行くと、こんな風景が広がってきます!

ガイドさんの話では、何でも今は乾季だから、水量が少なく、湖の大きさも小さいとか…。

僕にはあまりにも巨大すぎて、海に見えるんですが…。

P1040344

そして乗り場に到着。

こんなにたくさんの観光用ボートが並んでいます!

ここでガイドさんがチケット売り場に行き、ボートのチケットを買ってきてくれるのを待ちます。

P1040347

乗り場付近はこんな感じ。

たくさんの船頭さんがお客さん待ちをしていました!

P1040348

僕らの船頭さんはコチラの方。

船は自動車の部品を取ってつけたようなけっこうおんぼろのモーターボートですが、船頭さんは経験豊富なベテランのようです。

ちなみになぜかわかりませんが、僕らが乗った船は港の一番奥に停めてあったため、他の船をかき分けて、港から出なければいけませんでした。

船頭さんは写真のように立ち上がって、長い物干し竿のような棒で上手く船をコントロールしていました!

P1040350

10分ほどし、ようやく港を出た僕らの船も大海原じゃなかった…、トンレサップ湖にいよいよ出発です!

次回は、水上で見かけたおもしろグッツの数々をご紹介します!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ





“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ だから日本人だけなんだっ! @アンコールナイト

暗いテーブルで食事を終え、暗い道を通って100mほど進むと、ようやく見えてきました。

神秘の祭典 アンコールナイトのショーステージです。

ここも当然、真っ暗。自分の席を探すのも苦労します…。

どうやって席順が決まっているのかわかりませんが、前の席と後の席とで見え方が全く違います。

僕は後ろの方の席だったので、何だか損した気分でした…。

しばらくすると、英語のアナウンスが流れました。

どうやら始まるようです。

しかも!英語でのアナウンスが流れ終わると、流暢な日本語でもアナウンスが流れ出しました!

そして演者の方々が出てきて、ショーが始まりました!

P1010081

いくつものショーが解説のアナウンスとともにどんどん展開していくのですが、カンボジア中の色々な地方の伝統的な踊りを本当にたくさん見せて頂きました!

中には、男性だけで踊られるパワフルなものから、女性だけのカワイイもの。

そして、男女や子供まで一緒に踊るようなものまで、本当に様々でした!

特別ゲストとして紹介されたのは、初めて日本人としてプノンペンの大学で伝統舞踊を学んだというこちらの女性。

P1010082

何だか本当に日本が特別視されているように感じます…。

トータルの感想としては、全体として、ショーのクオリティーは高かったと思います。

でも、距離が少し遠かったのと、全体的に暗かったので、アンコール遺跡のライトアップの雰囲気が勝ってしまって、ショーの迫力が負けていたように感じました。

また、日本人のお客さんがほとんどだったので、海外に来ているというよりも、日本にいるような感じもしました。

最後、帰る前にこの看板を見て、なぜ日本人が多いのかわかった気がしました。

アンコールナイトのライトアップ会場にもなっているアンコールトムは日本の協力によって復旧しているようなんです。

P1010084


つまり、世界中の観光客にイベントが公開されているのではなく、日本人だけに限定して公開されているのかもしれません。

そう考えたら、日本人が多いのも納得。

日本語でアナウンスされるのも納得でした!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




“観光レポート”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート

★ なんだか日本人しかいないなあ…。アンコールナイトレポート!

アンコールナイトは年間で特別な日32日しか開催しない特別なイベント。

普段は行わないアンコール遺跡のライトアップの中で、僕ら観光客は食事を取る事が出来ます。

今回、僕がシェムリアップに到着したのは2010年の元旦。実はその元旦は年間で32日しかない開催日の1つです!

前もって予約が必要で、予約が取れた人にはこんなチケットが送られてきます。

P1010069

英語はもちろん!日本語でも「神秘の祭典 アンコールナイト」と書かれています!

僕らが日本人だから、日本語のモノをもらえたのかもしれませんが、少なくても日本語のチケットがあるということは、それだけ日本人が多いイベントなのかな?

そんな事を感じながら、会場へと向かいました。

会場はアンコール遺跡郡の中にあるアンコールトム。

こちらがライトアップされているようです。

そして!会場に到着すると、いきなり歓迎のダンスショーがエントランスでありました!

P1010072

写真ではわかりにくいかもしれませんが、この踊っている人達、実は子供なんです。

しかも、かなり小さい子供です。

多分小学校の低学年くらいだと思います。

そんな子達が、一生懸命にダンスをしてくれている姿はすごく素敵ですね!

子供たちに目を奪われて、写真は撮らなかったのですが、このウェルカムダンスの周りでは、大人のウエイターがウェルカムドリンクとウェルカムおしぼりを配ってくれていました!

その後、受付でチケットを見せ、ワンドリンクを頂きます!(チケットにワンドリンクチケットがついていますので、それと交換です。)

受付を終えると、いよいよ遺跡内に入っていきます!

ウエイターの方が食事をする席に案内してくれます!

そして、その途中、周りを見渡すと、おぉ!すでにライトアップが広がっています!!

P1010074

この写真でわかりますかねぇ?

しかも、遺跡の間に伝統衣装を着た踊り子さんがたくさんいるんですよ!

そして、その前では、カンボジアの伝統音楽なのでしょうか。

生演奏が行われています!

目の前にはアンコール遺跡のライトアップときれいに着飾った踊り子さん。

そして、自然にカンボジア伝統音楽が聞こえてきます!

確かにチケットに記載のあるように“神秘”っぽい雰囲気が漂っています!

P1010077

席に案内してもらうと、そこからは食事スタートです!

(食事のレポートはこちら

食事をしていたわかったのですが、アンコールナイトに来ている観光客の90%以上は日本人でした。

欧米人やアジア系の人達の姿はほとんどなく、日本語しか聞こえてきません…。

ついさっきは神秘的な空間演出に酔いしれていたのに、一瞬で日本に帰って来たのか?と錯覚してしまう程、日本人だらけなんです!

もっと国際的なイベントなのかな。と期待していた僕はチョット残念…。

そして、日本人が多いからなのでしょうか、食事が終わる頃には流暢な日本語でアナウンスが入ります。

アナウンスは英語と日本語で流れたんですが、英語はそれほど流暢でもない感じだったのに対し、日本語のアナウンスは恐ろしく流暢なのです!

やはり、アンコールナイトは日本人のために開催しているのか?

そんな疑問を胸にしながら、食事会場を後にしました。

ショー会場は食事会場から100mほど離れた場所です。

食事を終えた人から順番に移動していくんですが、この道がまた暗い…。

食事の時も暗かったですが、移動の時もかなり暗いんです!

やはり、アンコールナイトには強力な懐中電灯が必要ですね!

次回はアンコールナイトのショーのレポートです!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




“観光レポート”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ

★ おいおい!暗くて何にも見えないよっ!どうやって食べるの? @アンコールナイト

2010年1月のカンボジア旅行の食事レポートを締めくくるのは、アンコールナイトです!

アンコールナイトは年に数回だけ行われる特別なイベントで、普段はしていない夜間のライトアップをしたアンコール遺跡で食事ができます!

このアンコールナイトのレポートは次回にさせて頂きますね!

まず今回はアンコールナイトでの食事のレポートです。

夜間のライトアップとあって、かなり暗い道を専用バスで進みます。

そして、到着すると、こんな風景が広がっています。

P1010078

僕のカメラは夜間に弱いので、あまりよくわからないかもしれませんが、アンコールトムがライトアップされています。

確かにキレイなのですが、電燈が一切ないため、あたりはものすごく暗く、足元に注意しなければ進めないような状態です。

おいおい…。こんな状態で食事なんてできるのかよ?

そう思っていると、案の定テーブルも真っ暗です。

P1010076

基本的に料理はビュッフェ方式だったのですが、こちらもかなり暗く、何が何の料理だかわからない状態…。

P1010075

皆さん、これ何の料理だろう?なんて言いながら、料理を取っています。

料理を取るのも精一杯の状態だったので、ビュッフェの所は写真に収めていません…。

もし、アンコールナイトに行かれる予定の方は、絶対に懐中電灯を持っていかれる事をオススメします!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ




“シェムリアップ”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート 観光レポート

★ カンボジアで1番美味しかったエビ @トンレサップ湖

シェムリアップには東南アジア最大の湖である「トンレサップ湖」があります。

なんでも雨季には琵琶湖の10倍以上の大きさになるんだとか!

2010年正月のシェムリアップ旅行ではオプショナルツアーを利用して、そんなトンレサップ湖ツアーに行ってきました。

その巨大な湖上には、ビックリするような水上集落が広がっていました!

詳しいツアーの様子は後日レポートするとして、今回はそのツアー中に食べた2010年正月のシェムリアップ旅行で1番美味しかったエビをレポートします!

ツアーでは、湖をモーターボートで渡っていきながら、周りに見えてくる様々なモノを日本語ガイドさんが説明してくれます。

そして、途中で離陸し、立ち寄ったのがコチラ。

P1040366


見た目は家のようになっていますが、実はコレ、巨大な船なんです。

中には住居としての昨日だけではなく、こんな感じでレストランも併設されていました!

P1040358

ちょうど昼時だったのもあり、ガイドさんにココで昼飯は食べられるか?

できれば、湖で捕れた魚介類が食べたい。と伝えると、OKとの返事が。

そして、案内された席でしばらく待っていると、こんな見た事のないドリンクが運ばれてきました。

P1040363

何でも、この湖にはメコン川を通じ、ベトナムから移住してきたベトナム人が多く住んでいるため、ベトナムからの輸入品(?)も多くあるようで、コレもその1つとのこと。

飲んでみるとシークワーサーのような味です。

やはりアジアには面白いモノがたくさんあるな!と改めて感じました。

そして、さらに待つ事10分。

こんなエビが運ばれてきました!

P1040365

エビの大きさはかなり小さく、全長3センチくらいです。

ガイドさんは皮を剥いて食べるように。と教えてくれたのですが、そんなのが面倒な僕らは、ムシャムシャとそのまま食べていました(笑)

大きさが小さいからなのか、そのまま食べても皮は全然気になりません!

しかも!新鮮だからなのか、かなり美味しいんです!!

今回のカンボジア旅行の中で1番美味しかったと思います!

ちなみに値段はジュース3本(僕らとガイドさんの分)とエビで5ドルと破格でした!

皆さんもシェムリアップに行かれた際には、ぜひトンレサップ湖にまで足をのばして、エビを体験して下さい!

ちなみに、2人以上でオプショナルツアーに参加される場合は、旅行業者が提示しているオプショナルツアーに参加するのではなく、ガイドさんと運転手さんをチャーターした方がおトクだと思います。

チャーターする事で、専用のガイドさんがついてくれますし、時間も自分達に合わせてくれます!

そして、ボートも貸し切りにできるので、かなりオススメです!

僕らは2名でしたが、1人約1000円プラスするだけで、チャーターする事ができたので、皆さんも行かれる時は、ぜひ!チャーターして下さい!

今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ







“シェムリアップ”の記事一覧


“食事レポート”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ なんじゃこりゃ~!カンボジアの青汁??

2010年正月のカンボジア旅行。

たくさんの食べ物、飲み物を口にしたが、見事!不味さランキングNO1に輝いたのが、今日紹介するミントジュース!

5日間の旅程も終了し、シェムリアップ空港で帰路への飛行機を待っている時、僕はデジカメの電源を入れ、5日間の旅程で撮った400枚近い写真を眺めていました。

あーコレは美味しかったな~。

もう1回、コレ食べたいな~。

などなど、色々な美味しかった思い出が、料理の写真と一緒によみがえります。

そして、まだ出発まで時間あるし、ちょっとお茶しようか?と訪れたのが空港内にあったこちらのカフェ。

P1040399

当然、この時は何も感じる事なく、店内へ入りました。

おー!店内もすごく混雑しています!

P1040402

コレは期待できそう!そう思いながら列に並ぶと目の前にまるで僕らを待っていたかのような看板が!!

P1040401

ん?ミントとライム??

けっこう美味しそうじゃん!

ひと目ぼれした僕らは、何の迷いもなくコイツを2つ注文しました!

P1040394

おぉ!何と!フレッシュライムを皮ごと放り込み、その上からこれでもか!というくらいミントの葉をかけるだけ!

そのままミキサーはミントの香りを撒き散らしながら、フル回転!!

そして!完成したのがコチラ!

P1040397

んー。何とも独特な色合いです。

さて、早速頂くと…。

2人とも無言…。

すごい口当たりが悪いんです。

さわやかな看板で、さわやかなイメージだったのに、思いっきり裏切ら、後味は舌の上にザラザラしたミントの葉が残るため、変な感じ。

何だか、他の飲み物が欲しくなり、結局、ミネラルウォーターを買いました(笑)

ミネラルウォーターの助けがあっても、僕は飲みきれず、連れはまあまあかな?と言いながら、何とか飲み切り、試合終了。

カンボジアで最後のドリンクは非常に後味の悪いジュースになってしまいました…。

次、来た時には、必ずリベンジしてやる!!


今日も応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ



“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : シェムリアップ カンボジア旅行記 食事レポート

★ シェムリアップのバーストリートで1番美味い?!

シェムリアップの中心街であるバーストリート。

ここには観光客向けの飲食店が軒を連ねています。

僕が見た感じでは、ビールの安売り合戦が行われていて。1杯1ドルや1杯頼むと、1杯無料など、その安さを競い合っていました。

そんな中で、ローカルの方に聞いてやってきたのがコチラ。

P1040382

何でもバーストリートで1番美味しいお店だそうです!

本当に1番おいしいのかどうかはわかりませんが、他の店と比べ、お客さんは多いようです。

店の中はこんな感じ。

P1040377

赤とオレンジを基調にしたちょっと独特な雰囲気です。

長い時間いると少し目が痛くなってくるかもしれませんね(笑)

P1040375
P1040376

メニューはこのように、ドリンクも料理も全て写真付きでした!

もちろん!英語での記載もしっかりあります!

僕が驚いたのは、ドリンクの種類!

さすが!バーストリートと言うだけあって、かなりの数のアルコールが置いてありました!

僕らが頼んだ料理は全部で4品。

P1040378

こちらはエビチャーハンです。

パラパラとしていて、かなり美味しかったです!

P1040379

そして、こちらが野菜炒め。

この野菜炒めはイマイチでした…。

P1040380

コレはチキンステーキです!

見た目よりもあっさりしていて、美味しかったですよ!

P1040381

そして、空芯菜炒め。

僕はアジア旅行でこの空芯菜を食べるのが、楽しみの1つなんですよね~!

ココの空芯菜も美味しく頂きました!

全体として、バーストリートで1番か?はわかりませんが、十分美味しかったです!

皆さんもシェムリアップのバーストリートに行かれた際には、立ち寄ってみて下さい。

バーストリート中ほどの、真オレンジのオープンテラスのお店です!

明日は今回の旅行で1番不味かったドリンクをレポートします!

参考になった方はポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ


次の記事:なんじゃこりゃ~!カンボジアの青汁??

前の記事:これは見事!アプサラダンス・ディナーショー!!@アプサラシアター





“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ これは見事!アプサラダンス・ディナーショー!! @アプサラシアター

2010年正月のシェムリアップ旅行で観た数々のショーの中で1番良かったのが今日、紹介するコチラ。

アプサラシアターというレストランでのアプサラダンスディナーショーです。

こちらは地球の歩き方にも載っているレストランで、けっこう評判もいいようです!

店の入口はこんな感じ。

P1030323

少し雨が降っていたので、わかりにくいかもしれませんが、かなりアジアンな雰囲気の建物です!

中に入ろうとするとアジアンな衣装を身にまとった店員さんが、流暢な英語で話しかけてきます。

どうやらパンフレットをくれるようです。

しかも!以前ご紹介した影絵ショーのバイヨン1とは違い、英語はもちろん、日本語や韓国語まで、様々な言語のパンフレットが用意されています!

僕らは日本語を1部と英語を1部頂きました!

P1030310

こんな時には、日本語と英語の両方を見比べる事で、英語の勉強にもなりますからね!

中に案内されるとすでにお客さんでいっぱいです!

欧米人のお客さんが多いようで、日本人はあまりいませんでした。

P1030307

そして、机の上にはしっかりとメニューも置かれています。

ココは、コース料理になっているようで、あらかじめ注文していたコースの内容が書かれていました!

P1030306

そして、メニューと一緒に置かれていたのがコチラ。

P1030308

少し枯れているのが残念でしたが、生花です。

肝心の料理はどれもカンボジア料理で、クセもなく美味しく頂けました!

特に僕が美味しかったのが、コチラのエビ春巻きとココナッツミルクが入った豚煮込みのような料理です。

何でもコレは、カンボジアの伝統料理だそうですよ!

P1030314P1030316

しばらくすると、音楽の生演奏と共に、踊りが始まりました!

P1030318P1030319

色々な踊り子さんが、それぞれの音楽に合わせて、様々なダンスをしてくれました!

かなりクオリティーの高いダンスショーだったと思います。

カンボジアの伝統音楽舞踊アプサラダンスを観るのなら、絶対にココをオススメします!

次回はバーストリートで1番美味しい(?)と言われているお店のレポートです!


参考になった方はポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ

次の記事:シェムリアップのバーストリートで1番美味い?!

前の記事:やる気あるんか!?影絵ショー! @バイヨン1






“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート 食事レポート

★ やる気あるんか!?影絵ショー! @バイヨン1

カンボジアの伝統文化の1つらしい影絵ショー。

最近では観られる場所も限られてきているようです。

僕らは今回、オプショナルツアーを利用し、影絵ショーを見ながら、食事ができるというお店へ行って来ました。

今回、訪れたのは「バイヨン1」というお店。

昔から影絵ショーをしている老舗のようです。

こんな感じで影絵を見ながら、食事をするコトができます。

P1020125

影絵ショーで使われている音楽も全て生演奏。

臨場感もあって、音はすごくいい感じでした!

P1020128

でも、非常に残念だったのが、影絵ショーのクオリティーです。

まず、言葉が全くわかりません…。

現地の言葉で全てが演じられています。

お客さんは8割が日本人。残りが欧米人といった感じ。

客層を考えるのなら、現地の言葉だけでするのではなく、日本語でまでとは言いませんが、英語でもするべきでは?と思いました。

それができないのなら、せめて何て言っているのか?が書かれたパンフレットのようなモノがあれば良かったのですが…。

とにかく、言葉がわからない。影絵を見ていても、全くわからない…。

正直、あまり面白くなかったです…。

そして、それ以上に僕が許せなかったのが、影絵演者のやる気!

P1020127

写真ではわかりにくいかもしれませんが、全くやる気がないんです!

よそ見をしながらなんて、当たり前。ペチャペチャ話をしながらしたり、ひどい人は携帯で電話をしながら、演じていました…。

正直、ここまでくると、見る気さえ失せます。

案の定、そう感じたのは僕らだけではないようで、まだ影絵ショーが終わっていないのに、続々とお客さんが帰り始めました。

P1020129

料理はそんなに悪くはなかったのですが、肝心の影絵ショーが最低でした!

シェムリアップで影絵ショーを見たい人は、ココはやめた方がいいかもしれません。

次回は影絵ショーとは違い、見事!と思ったアプサラダンスディナーショーのレポートです。

次の記事:これは見事!アプサラダンス・ディナーショー!!

前の記事:けっこう美味いぞ!カンボジアステーキ!


次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ







“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

“観光レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 観光レポート 食事レポート

★ けっこう美味いぞ!カンボジアステーキ!

今回は、アンコールワット観光の途中、ランチに立ち寄ったレストランのレポートです。

ココは、アンコールワットを観光している途中、1日チャーターしたトゥクトゥクの運転手さんが、連れてきてくれたんです。

店というよりも、家に近い感じの場所で、写真を撮ろうとしたら、店員さんに「やめて~!」とジェスチャーでとめられるようなローカルな感じのお店でした。

ちなみに、メニューもこんな感じで、英語での店名の表記はありません…。

(料理、ドリンクなどのメニューの中身は英語での表記もありました!)

P1030254

だから、ほんっとうに申し訳ないんですが、店名も場所も正確にはわかりません。

ちなみに店に入るとこんな感じ。

P1030256

少し遅めのランチだったからか、ほとんどお客さんはいませんでした。

当然、クーラーなどなく、数台の扇風機がフル稼働しています!

僕らが頼んだのがこの3つ。

1つ目はコチラ。

P1030258

わかりにくいかもしれませんが、コレ、トムヤンクンなんです!

しかも!かなり辛い!!

美味いんですけど、美味いよりも先に辛いがくるくらい、ほんっとに辛い!

辛いモノは得意な僕らでも、全部食べきれなかったくらいです!

そして2品目がコチラ。

P1030260

海鮮焼きそばです。

シェムリアップには、東南アジア最大の湖であるトンレサップ湖があり、そこで捕れた魚介類が使われていました!

意外だったのが小さいエビ、タコ(?)などもたくさん使われていたコトです!

へ~!こんなのも湖にいるんだと思いながら完食しました!

そして、1番おいしかったのがコチラ。

P1030262

カンボジアステーキというすごい名前がついていたこいつは、僕ら日本人からするとステーキというよりも、ビーフジャーキーに近い感じ。

でも、かなり美味しかった!

特に僕が気に入ったのが、このソース。

このソースは粗挽きこしょうにライムを搾っただけの簡単なモノ。

でも、こいつとカンボジアステーキのちょっと硬めの肉質がすごく合うんです!

皆さんもぜひ、カンボジアではカンボジアステーキを試してみてください!

次回はおい!おい!やる気あるのか?と感じてしまった影絵ディナーショーをレポートします!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:やる気あるんか!?影絵ショー!

前の記事:アンコールワット目の前クーラーつきアイスクリームカフェ





“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ アンコールワット目の前 クーラーつきアイスクリームカフェ

前回ご紹介したアンコールワット目の前にあるローカルフードレストランのすぐそばにあるのがこちら。

ココは、クーラー完備なので、炎天下、アンコールワット観光に疲れた体を癒してくれます。

店構えからして、周りの雰囲気と全然違いますが、中に入るとまさに別世界。

P1030297

外の炎天下の中、砂ほこり舞い散るカンボジアの大地とは違い、空調も完璧です!

店の奥には、カンボジア土産をたくさん置いています。

僕もひととおり見ましたが、どれも値段は少し高めでした。

店内をうろうろしてから、席に着くとキンキンに冷えたおしぼりを持ってきてくれます。

P1030296

クーラーとキンキンに冷えたおしぼり!

もう!これだけで生き返ります!

都会の雑踏から逃れて、南国を満喫していても、クーラーや冷たいおしぼりに癒される僕って…。

そう感じながらも、アンコールワットを歩き回った疲れが取れていく自分に複雑な感情を感じてしまいます。

席でひとやすみしてから奥にある、こちらでアイスクリームが注文できます!


P1030300
写真が暗くてすいません…

アイスクリームも魅力的だったんですが、のどが渇いていた僕らが注文したのがコチラ。

P1030298

そう!スムージーです!!

上の写真がスイカ。

P1030299

そしてコチラはフレッシュレモンです!

疲れていたからなのかもしれませんが、今回のアンコールワット旅行で1番おいしかったドリンクが、このスムージーかもしれません!

果汁をしっかり使っているのがわかる、濃い味でとてもおいしかったです!

次回は、アンコールワット観光の途中で食べたカンボジアステーキをレポートします!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:けっこう美味いぞ!カンボジアステーキ!

前の記事:アンコールワット目の前の地元レストランでの朝食 アンコールリーチレストラン




“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ アンコールワット目の前の地元レストランでの朝食 @アンコールリーチレストラン

今回はアンコールワットの目の前にある地元レストランでの朝食のレポートです。

こちらのレストランは、アンコールワットでの朝日観賞をした後で利用するのにベストなロケーションだと思いました!

朝日観賞が終わってから、トゥクトゥクの運転手さんに「朝飯が食べたい」と伝えるとわずか2分でココに到着しました。

店構えはこんな感じ。

P1030171

店の名前がわかりません…(笑)

周りには、朝食を食べている観光客を待つトゥクトゥクがたくさん。

きっと、朝日観賞を終えたら、ここで朝飯というのが、定番のコースなのでしょう。

P1030173

もちろん、観光客に混じって、レストランで食事をしている運転手さんもいました!

お店の中は、こんな感じです。

P1030168

観光客と地元の方が混じっています。

僕は個人的には、こんなローカルと観光客のどちらも食事をできるレストランって、すごく好きなんですよ!

観光客ばかりだと、何だか旅行に来た感じがしないし、ローカルばかりだと、ジロジロ見られるし…。

だから、ココくらいのバランスが好きですね!

ちなみに店の奥には色々な空き缶&ビンが飾ってありました!

P1030167

メニューが運ばれてきて、はじめて店の名前がわかりました。

P1030169

アンコールリーチレストランと言うみたいです。

そのままやなぁ…(笑)

予想通り、ブレックファースト専用のメニューです。

やはり、朝日観賞を終えた人がたくさん来るのでしょう。

肝心のメニューはというと、本当にたくさんありました!

オリエンタルなものから、中華、アジアンまで…。

何でも選べたような記憶があります。

料理の写真も撮ったはずなのに、見つかりません…。

もしかしたら、あまりにも朝早かったから、写真を取る前に食べちゃったのかも。

肝心の料理の写真がなくて、すいません。

料理の写真はないのに、こんなのが見つかりました。

P1030170

お店の入口でココナッツを切り続けていたおじさんです。

食べ終えてから、ココを通って気付いたのですが、ココナッツの甘い香りが充満して、けっこうおいしそうでした!


行かれる方は、フレッシュココナッツドリンクを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、日本語が通じる店員さんはいませんし、日本語メニューもありません。

写真つきのメニューもなかったので、英語が全くダメな方はちょっと厳しいかもしれません…。

次回は、このアンコールリーチレストランのすぐそばにあったアイスクリームカフェのレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:アンコールワット目の前クーラーつきアイスクリームカフェ

前の記事:真夏のカンボジアで鍋!?スープドラゴン





“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ 真夏のカンボジアで鍋!? @スープドラゴン

アンコールパレス リゾート&スパからトゥクトゥクで約10分。

シェムリアップの街の中心部であるバーストリートにあるスープドラゴンをご紹介。

ココは、地球の歩き方にも載っているレストランで、カンボジア風の鍋料理を満喫できます。

店構えはこんな感じ。

P1020102

オープンエアのお店で、客層はアジアからの観光客、白人はもちろん、ローカルかな?と思われるような人まで様々です。

店の看板にはスープドラゴンと書かれていますし、角地なので、迷うことはないと思います。

トゥクトゥクの運転手さんに伝えれば、すぐに連れて行ってくれますよ!

P1020101

店員さんは全員が英語を話せるわけではなく、僕らが英語しか話せないとわかると、担当をチェンジする感じでした。

残念ながら、日本語メニューもありませんし、日本語が話せる店員さんもいませんでした…。

こちらが英語のメニューです。

P1020103

中を開けて、ちょっと探すと鍋のページが…。

でも正直、我々日本人には、この鍋の料金のシステムはすごくわかりにくい。

まず、鍋のサイズを選びます。サイズは2種類で大と小。

大が6ドル。小が5ドル。

おー!鍋が5ドルで食べられるって、すごく安いな~。そう思っていたら、全く違いました!

日本では鍋を頼めば、中身はついてくるというイメージですが、ここでは違います。

店員さんの説明を聞いてわかったのですが、鍋のサイズを選んだだけでは、中身は空のようです。

つまり、鍋の料金は、鍋の使用料、レンタル料ということ。

中身は別に注文してね。というシステム。

ところ変わればとは言いますが、中身が別料金の鍋とは、ビックリでした!

さて、気を取り直して鍋の中身のメニューを見てみると…。

P1020104

ん~。タマゴ 肉 トーフ ヌードル 野菜 マッシュルーム。

日本の鍋と似ているような…、違うような…。

どれも1ドル~と安いので、全部頼んじゃいました(笑)

10分ほどすると、運ばれて来ました!

P1020105

見た目は日本にもありそうな土鍋です。

そして、鍋と一緒に運ばれてきたのが、こちらの薬味。

P1020106

すごい種類があります!

いったいどれが何の薬味なのか?全くわかりません!

でも大丈夫!店員さんが聞きながら、薬味を混ぜて、ソースを作ってくれます!

P1020109

もちろん!こんな感じで鍋も作ってくれます!

僕らはなーんにもしなくてOK

店員さんと会話をしながら、出来上がるのを待つのみです。

P1020111

そして!待つこと10分!出来上がったのがこちら!

P1020112

肝心の味はと言うと…。

見た目よりもあっさりしています。

でも、真夏のシェムリアップで、熱々の鍋を食べるのは、やはり限界が…。

量も多く、全部食べきれそうにありません…。

すると、そんな様子を察したのかこんな来客が…。

P1020114

すごく欲しそうな目でこっちを見つめています。

よっぽどあげようかな~。と思ったのですが、よく考えたら、お前は猫舌じゃないか!

僕らでさえ暑いのに、お前が食べれられるわけがない!

残念ですが、鍋しか注文していない僕らは、彼にあげられるモノが何もありません…。

ゴメンな~。そう思いながら、お店をあとにしました。

次回は、アンコールワットの入り口近くにあったローカルなレストランのレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:アンコールワット目の前の地元レストランでの朝食 アンコールリーチレストラン

前の記事:ヌードルカウンターで役立つ英会話





“シェムリアップ”の記事一覧

“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 食事レポート

★ アンコールパレス リゾート&スパのブレックファーストビュッフェ

今回からは2010年正月にアンコールワットに旅行した時の食事を特集していきます!

その第1回目は、宿泊したアンコールパレス リゾート&スパのブレックファーストビュッフェのレポートです。

個人的には結構充実していたビュッフェだったと感じています。

まず、レストランの場所ですが、ホテルロビーなどがあるメインの建物の1Fです。

中はこんな感じ。

P1040334

でも、実は一番奥から外に出ることもできて、外にはテラス席もありました!

当然、僕らはいつもテラスでいただきましたっ!

P1040339

こんなテラス席で上を見上げると、乾季真っ只中のシェムリアップでは、朝からこんな快晴が広がっています!

P1040340

もう、これだけでも最高っ!の朝だと思いませんか?!

そして!肝心のビュッフェはというと…。

P1040327

P1040326

P1040328

P1040325

P1040324

P1040330

P1040331

全ての料理を写真に収めるコトはできてないですが、けっこう充実していたのがおわかり頂けるかな?と思います。

そして、僕が海外のホテルでブレックファーストビュッフェで欠かせないと思っているのが、エッグカウンターです!

次回はそんなエッグカウンターの活用方法をお伝えしていきます!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:エッグカウンターでの注文方法

前の記事:アンコールパレスリゾート&スパの設備!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外のホテル”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“アンコールパレスリゾート&スパ”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ アンコールパレスリゾート&スパ 食事レポート 海外のホテル

★ アンコールパレス リゾート&スパの設備!

今回はシェムリアップで宿泊したアンコールパレス リゾート&スパの設備、施設のレポートです!

まずはプールから。

こんな感じの大きなプールです!

P1020086

もちろん!プールサイドにはフカフカのチェアーがたくさんあります!

P1020085

そして、プールの中でも、外でもドリンクを楽しめるプールバーも稼動中!!

P1020089

広いプールの周りには、たくさんのアジアンな雰囲気の植物が!

P1020091

P1020090

どうですか?

こんなプールなら、ゆっくりリゾート気分が味わえそうだと思いませんか?

しかも!アンコールパレス リゾート&スパは、大通りから1本奥に入り込んでいるため、街の雑音もほとんど聞こえません!

プールの奥にはこんな感じの広場が…。

P1020096

すごく広い空間演出だと思いませんか?

これだけの敷地があるからこそできる設備だなぁと感じました。

そして、コチラがメインロビーやレストランが入っている建物。

P1020092

正面から見るとこんな感じです。

P1020094

実は僕が設備の中でかなり良かったと思ったのは、この建物の中にあったトイレなんです。

トイレに入った瞬間からレモングラスの香りが充満し、トイレにいるとは思えません。

そして、洗面台にはこの演出!

P1020097

わかりますかねぇ?生花です。

今回、ホテルでもちょっとゆっくりしたいな~。

そう思ってのホテルのチョイスだったのですが、想像していたよりも、かなりリラックスできる雰囲気の設備がたくさんあるホテルでした!

次回は、アンコールパレスリゾート&スパのブレックファーストビュッフェをレポートします!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:アンコールパレスリゾート&スパのブレックファーストビュッフェ

前の記事:アンコールパレスリゾート&スパのルームアメニティー





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外のホテル”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“アンコールパレスリゾート&スパ”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ アンコールパレスリゾート&スパ 海外のホテル

★ アンコールパレス リゾート&スパのルームアメニティー

さて、今回はアンコールパレス リゾート&スパの部屋のレポートです。

まず、部屋のベットはこんな感じ。

P1010063

なかなかの雰囲気です。

そして、こちらがアメニティー類。

けっこう、充実しています!

P1010066

もちろん!無料のミネラルウォーターもあります!

P1010065

うれしいウェルカムフルーツも!

P1040343

ちなみに、ウェルカムフルーツは毎日取り替えてくれました!

(写真はこの1枚だけです…。すいません。)

セイフティーボックスも完備!

P1010062

そして、僕が「おっ!」っと思ったのがコチラ。

P1010067

なんと!部屋の中に小さな下駄箱(?)があるんです!

リゾートに来るとプール用のサンダルやら、観光用のスニーカーやら、食事に行く時の革靴やらと、気付くと部屋が靴だらけになってしまうのですが、これがあれば、整理しやすそうです!

次回はアンコールパレス リゾート&スパのプールサイドなどの設備のレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:アンコールパレス リゾート&スパの設備!

前の記事:期待が持てます!アンコールパレスリゾート&スパ





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外のホテル”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“アンコールパレスリゾート&スパ”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ アンコールパレスリゾート&スパ 海外のホテル

★ 期待が持てます!アンコールパレス リゾート&スパ

チェックインを済ませると、部屋へ案内されます。

アンコールパレス リゾート&スパは、ロビー、客室、スパなどがある大きな3つの建物が真ん中のプールを囲むようにして建っています。

それぞれの建物は中でもつながっているようで、こんな感じの廊下を通って行く事もできます。

P1020095
チェックイン当日は夜だったので、この写真は後日撮影したものです。

けっこう南国ムード満開でしょ?

もちろん!外のプールサイドを歩いて移動するコトもできます!

P1020093
こちらも後日撮影

夜になると、プールサイドはこんな感じでライトアップされます。

P1020130

通路には色々な像も飾ってあります。

P1020132

ん~!アンコール遺跡をイメージしているんですかね?!

そして、今回宿泊する部屋がある棟へ到着。

各客室棟にはそれぞれにこんな感じの独立したロビー(?)のようなスペースもあります!

P1020134

ここではお香を焚いていて、アジアンな香りでいっぱいです。

部屋に到着する前から、すごく期待がもてますね~!!

次回は部屋のアメニティーのレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:アンコールパレスリゾート&スパのルームアメニティー

前の記事: え!こんなのまでくれるの?!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外のホテル”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“アンコールパレスリゾート&スパ”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 シェムリアップ 海外のホテル アンコールパレスリゾート&スパ

★ え!こんなのまでくれるの?!

今回の旅行の宿泊先は、アンコールパレス リゾート&スパ。

シェムリアップには数多くのホテルがありますが、その中で…。


・プールでのんびりしたかったので、広いリゾート風のプールが完備されていること。

・シェムリアップの観光に便利な立地であること。

・(連れが利用するので)スパが併設されていること。

・朝食が充実していること。

・1泊1人あたり1万円以下で宿泊できること。

を条件にしたら、ココがベストチョイスとなりました。

空港からタクシーで約15分。

ホテルがたくさんあるエリアの大通りからちょっと入ったトコにあります。

到着するとポーターさんがロビーまで案内してくれます。

ロビーでは、流暢な英語を話す女性が満面の笑みで迎えてくれました!

そして、こちらのウェルカムドリンク!!

P1010060

南国に来た!って感じがしますね!!

ドリンクを頂きながら、チェックインをしていると、さらにこんなプレゼントが!!

P1010061

カンボジアシルクを使ったストールだそうです。

ちゃんとアンコールパレスと書かれています。

色々なホテルで、チェックインの際にウェルカムドリンクや、おしぼりのサービスはよくありますが、こんなプレゼントまでくれるのは、珍しい!

チェックインの時点で、これからのホテルライフに期待が持てました!!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:期待が持てます!アンコールパレス リゾート&スパ

前の記事:新しくなってたシェムリアップ空港





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外のホテル”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

“アンコールパレスリゾート&スパ”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 海外のホテル シェムリアップ アンコールパレスリゾート&スパ

★ 新しくなってたシェムリアップ空港

僕はシェムリアップに来るのは約6年ぶりなのですが、飛行機を降りてビックリ!

何と!空港が新しくなっているじゃないですか!!

でも、新しくなっても、タラップを降りて、空港建物まで向かいます(笑)

P1010057

そして新しくなったこちらの建物でビザをもらいます。

P1010056

6年前に来た時にはビザをもらうのにすごい列ができていたのですが、今回はスムーズです。

ちゃんと旅行者の動きを考えて建物がつくられているからなのか、そんなに混みあう事なく、すぐにビザを発行してもらえます。

無事に入国審査を終え、バゲージクレームまで行くと…。

P1010059

こんな感じで写真が並んでいます。

やっぱり王国ですから、王様の写真を飾っているんですね!

次回は今回の旅行で宿泊したアンコールパレス リゾート&スパのウェルカムサービスのレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:え!こんなのまでくれるの?!

前の記事:過去最高の忙しさっ!!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

“シェムリアップ”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 海外の空港 シェムリアップ

★ 過去最高の忙しさっ!!

今回はホーチミンシティーからシェムリアップまで飛んだカンボジアアンコール航空の機内食のレポートです。

ホーチミンシティーからシェムリアップまでは、わずか1時間ほどの飛行時間です。

1時間で機内食なんて出るの??

僕もそう思ってたんですが、出るんですよ。ビックリでしょ?

水平飛行になったら、すぐに配られたのがコチラ。

P1010055

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、オシボリです。

カンボジア国営の航空会社なのに、ベトナムの会社が製造しているオシボリです。

しかも、堂々と右下にベトナムの文字が…。

おいおい…。カンボジアアンコール航空、頑張れよ…。

ベトナム航空はもちろん、こういうオシボリって、自分の会社のロゴが入っているヤツが多いぞ!

カンボジアアンコール航空のロゴを入れろ!とまでは言わないケド、堂々とベトナムって書くのはちょっと…。

ちなみに、ベトナム航空の機内サービスでもお伝えしたアジア系航空会社独特のアジアンな香りはしませんでした。

そして、手を拭く間もなく配られたのがコチラの機内食。

P1010054

ミネラルウォーターとサンドイッチです。

ランチボックスに入っていて、どんどん配られていきます。

笑顔や声かけなど一切ありません!

乗客全員にダッシュで配っていました(笑)

ランチボックスには、先ほどのオシボリと同じマークが。

お!ベトナムの製品って事はおいしいかもっ!?

(ベトナムはフランス領だったためか、パンがおいしいんです。)

そう思いながら食べてみると…。

うーん。おいしくもなく、不味くもなく…。といった感じ。

ちょっと期待しすぎたかもしれません。

サンドイッチを食べていると、今度は入国に必要なビザの申請用紙などの書類を配ってきます!

ゆっくり食べている暇などありません!!

入国には3枚もの用紙にしっかり記入をしなければいけないので、食べながらどんどん書き込みます!

そうこうしているうちに、今度はランチボックスを回収に来ましたっ!!

いやー参りました!

僕は何とか完食できましたが、隣の韓国人のおばちゃんは、たぶん韓国語で「時間がないじゃない!食べきれないわ!」と怒っていました…。

とにかく慌ただしい。忙しい。

ここまでして、ランチボックスを出す必要はあったのだろうか?

そう感じてしまったフライトでした。

次回はシェムリアップ空港のレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:新しくなってたシェムリアップ空港

前の記事:そのサービスは必要か?カンボジアアンコール航空!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“食事レポート”の記事一覧

“カンボジアアンコール航空”の記事一覧

“ベトナム航空”の記事一覧

“搭乗レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 ベトナム航空 搭乗レポート カンボジアアンコール航空 食事レポート

★ そのサービスは必要か?!カンボジアアンコール航空!

今回はホーチミンシティー→シェムリアップで搭乗したカンボジアアンコール航空のレポートです!

正直、あまり機内の設備は期待していなかったのですが、乗ってビックリ!!

P1010051

なんと!フットレストがあるじゃないですか!!

正直、かなりびっくりしました!

わずか1時間ほどのフライトなのにフットレストをつけてくれるとは!

長時間のフライトの時には、コイツが役立つんですが、今回は1時間ほどのフライト…。

まあ、ないよりも、あった方がいいのは確かなので…。

そして、それ以上にビックリしたのがコレ。


P1010053
(ピンボケですいません)

シートポケットに入っている機内の非常口の場所や救命用具の使い方が書いてある解説書です。

今までたくさんのコードシェア便に乗ってきましたが、どのコードシェア便でも1社のモノしかありませんでした。

今回はカンボジアアンコール航空とベトナム航空のコードシェア便。

なんと!両社のモノがシートポケットに入っていたのです!!

コレって何か意味あるのかな~?

と思いながら、見比べてみたのですが、そんなに大きな違いはみつかりません。(あたりまえですが…)

コレは2枚必要なんでしょうか??コレを2枚入れるよりは、機内誌を2部入れた方が客は喜ぶと思うんですが…。

残念ながら機内誌はありませんでしたし…。

次回は、この後、さらに「こんなサービスいるの??」と思ってしまった機内食のレポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:過去最高の忙しさっ!!

前の記事:カンボジアアンコール航空





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“カンボジアアンコール航空”の記事一覧

“ベトナム航空”の記事一覧

“搭乗レポート”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 搭乗レポート ベトナム航空 カンボジアアンコール航空

★ カンボジアアンコール航空

カンボジアアンコール航空は2009年に創立されたばかりの航空会社。

カンボジア政府とベトナム航空が出資しています。

プノンペンとシェムリアップをハブ空港とし、ホーチミンシティーなどに定期運行しています。

カンボジアでは、2001年には国営のカンボジア航空が破たんし、2008年にはアンコール航空が全便の運行を停止しました。

つまりカンボジアには自国の航空会社がない状態だったわけです。

国営の航空会社はカンボジア航空以来ですから、実に8年ぶりとなります。

僕は2009年夏のカンボジアアンコール航空運行開始のニュースを聞いていたので、いつか乗れたらなぁ~。

と、思っていたのですが、まさか!こんなに早く実現するとは!

嬉しい限りですね!

カンボジアアンコール航空には過去の先輩方みたいにならないよう、頑張って欲しいものです!

次回はそんなカンボジアアンコール航空の搭乗レポートです!

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:おー!やるじゃん!カンボジアアンコール航空!

前の記事:ホーチミン空港でビックリ!!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“ベトナム航空”の記事一覧

“カンボジアアンコール航空”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 ベトナム航空 カンボジアアンコール航空

★ ホーチミン空港でビックリ!!

今回は、ホーチミン空港のレポートです。

ホーチミン空港はベトナムでは、ハノイと並ぶ大きな空港で、ベトナム航空のハブ空港でもあります。

今回は乗換時間は1時間ほど…。

わずかな時間ですが、空港内を散策してみました。

こんな感じでトランジットエリアにはお店が並んでいます。

P1010045

お店の数や種類は決して多いとは言えません。

日本の地方空港よりは大きいケド、成田空港よりは充実していないといった感じでしょうか。

そのまま進んで行くと、見えてきました!搭乗ゲート!

P1010046

エスカレーターで下に降りて、そこで搭乗を待つ感じの創りです。

何だかこのあたりは成田と同じ感じですね。

成田よりすごいのは、このエスカレーターを降りた後の空間にもカフェがあること!

P1010048

うーん。成田も頑張って欲しい…。見習って欲しいですね。

この搭乗ゲートでいいのかな~なんて思いながら、電光掲示板を見ると…。

P1010049

ん?僕が乗る便は、カンボジアアンコール航空とのコードシェア便になってるじゃないですか!!

もしや、初のカンボジアアンコール航空に乗れる?!

おそるおそる進むと…。

P1010050

おー!見えてきました!!

カンボジアアンコール航空の紫の機体が!!

初めての航空会社の時はいつもですが、何だか期待しちゃいます!!

次回は、そんなカンボジアアンコール航空の紹介です。

次の記事に進む前にクリックしてくださいっ!
人気ブログランキングへ

次の記事:カンボジアアンコール航空

前の記事:なんじゃ!?このバス!!





“カンボジア旅行記”の記事一覧

“海外の空港”の記事一覧

“ベトナム航空”の記事一覧

“カンボジアアンコール航空”の記事一覧

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

tag : カンボジア旅行記 海外の空港 ベトナム航空 カンボジアアンコール航空

★ 記事のもくじ
☆必見情報☆
  ★おトク情報
  ★格安旅行案
  ★特典航空券
  ★クレジットカード
  ★ローコストキャリア
  ★英会話

☆レポート☆
  ★観光レポート
  ★食事レポート
  ★搭乗レポート
  ★空港ラウンジ 

☆航空会社☆
  ★JAL
  ★シンガポール航空
  ★ベトナム航空
  ★セブパシフィック航空
  ★キャセイパシフィック航空
  ★カンボジア航空

☆ホテル☆
 カンボジア
  ★アンコールパレス
 フィリピン
  ★ハイアットマニラ
 マカオ
  ★ベネチアンマカオ
  ★ベストウェスティンタイパ

☆空港☆
 日本
  ★関西空港
 香港
  ★香港空港
 カンボジア
  ★シェムリアップ空港
 ベトナム
  ★ハノイ空港
  ★ホーチミン空港
 フィリピン
  ★マニラ空港
 シンガポール
  ★チャンギ空港

☆都市別☆
 カンボジア
  ★シェムリアップ
 フィリピン
  ★マニラ
 香港
  ★香港
 マカオ
  ★マカオ
★ 平日は毎日更新!
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
★ 全記事表示

全タイトルを表示
★ 月別記事
★ ブログ内検索
★ 自己紹介

TOSH

Author:TOSH
ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
管理人のTOSH(トッシュ)です
このブログでは管理人の旅行記、自ら実践したお得情報を中心に、海外旅行に関する様々な情報を発信していきます

★ お問い合わせ先
お問い合わせ&ご要望などはお気軽にメールでどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

★ ランキング
ご協力お願いします!

人気ブログランキングへ


★ 最新記事
★ オススメGold Card
★ 楽天トラベル
★ アンケート
★ HIS
★ オプショナルツアー
★ 海外旅行前に英会話
★ 旅行にマストなグッツ
★ 海外航空券!
★ マイルを貯めるなら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。